about

昭和23年、大阪阿倍野に襟立博保が珈琲専門店として開業。
昭和56年、しばらく途絶えていたLICHT COFFEEを襟立稔規が札幌にて復活。
そんな父も平成最後の夏に他界。

残されたのは古い焙煎機だけ。
資料もありません。

ただ、コーヒーが好き。
そして、リヒト珈琲の名前を残したいと思い焙煎を始めました。

「味を引き継いだり、再現することは不可能」
祖父の言葉です。

祖父や父の珈琲を再現する事は出来ません。
でもどこか面影があるかもしれません。

店舗は無く、ネットショッピングのみです。

まだまだ修行の身、応援して頂けたら嬉しいです。

※在庫は多くありません。
※生豆の銘柄は都度変更される場合があります。
※予告なく販売を中止する事がございます。


1948. Hiroyasu Eritate opened as a coffee specialty store in Abeno, Osaka.
1981. Tosiki Eritate revives the LICHT COFFEE, which had been lost for a while, in Sapporo.
Such a father also passed away in the last summer of Heisei.

Only the old roasting machine was left.
There are no materials.

I like coffee
And I started roasting because I wanted to keep the name of Licht Coffee.

"It is impossible to inherit or reproduce the taste"
The words of my grandfather.

Coffee of grandfather and father cannot be reproduced.
But there may be some impression.

There are no shops, only online shopping.
I would be happy if you could support me.

※There are not many in stock.
※The brand name of raw beans is subject to change.
※Sales may be stopped without notice.